バイオシミラー

掲載日2021-04-19

バイオシミラーってご存知ですか?

 もともと少し値が張るインスリンもしかしたら少し薬代を減らせるかもしれません。バイオシミラーとは、既に承認されているインスリン(先行バイオ医薬品)と同等/同質の品質、安全性、有効性を示す医薬品のことで、先行バイオ医薬品より薬価が安く設定されているのが特徴です。

インスリン バイオシミラー

ゆっくり、約1日効く持効型インスリンでは、すでに2015年にインスリングラルギン(先行バイオ医薬品:ランタス®)でバイオシミラーが登場し広く使用されています。

 そこに最近、普段は食事前もしくは食事後に打つ超速効型インスリンであるインスリンにもバイオシミラーが、インスリンリスプロ(先行バイオ医薬品:ヒューマログ®)として登場しています。

 インスリンはペン型製剤(使い捨て)とカートリッジ製剤がありますが、特にこのバイオシミラーのペン型製剤の薬価はかなり安く抑えられていて、薬代の負担も少なくできます。

薬代の比較

インスリングラルギンとインスリンリスプロの薬代の違いは次の通りです。

インスリングラルギン

ペン型製剤:先行バイオ医薬品 1キット 1685円、バイオシミラー 1キット 1316円 /カートリッジ製剤:先行バイオ医薬品 1筒 1364円、バイオシミラー 1筒828円

インスリンリスプロ

ペン型製剤:先行バイオ医薬品 1キット 1366円、バイオシミラー 1キット 1258円 /カートリッジ製剤:先行バイオ医薬品 1筒 1129円、バイオシミラー 1筒 586円

現在使用できるインスリンのバイオシミラー

 インスリンでのバイオシミラーは以下の3つになります。持効型ランタスのバイオシミラーは2種類があります。超即効型であるヒューマログのバイオシミラー1種類あります。

インスリン グラルギンBS注ミリオペン「リリー」
インスリン グラルギンBS注ミリオペン「リリー」
インスリン グラルギンBS注キット「FFP」
インスリン グラルギンBS注キット「FFP」
インスリンリスプロBS注 HU「サノフィ」
インスリンリスプロBS注 HU「サノフィ」

 もし、薬代を少しでも安いとお考えの方は、かかりつけの先生に相談してみてください(必ずしも、みながバイオシミラーに変更したほうがいいわけではありませんので、まずはかかりつけの先生と聞いてみましょう)

 以下はインスリンQ&Aからの抜粋です。

Q:インスリンは高くないですか?薬代が気になります。

A:最近、バイオシミラーと呼ばれる安価になったインスリンも出てきております。薬剤費が気になる方は、気にせず、薬代が気になると相談してください。なるべく薬剤費を抑えるように考慮することもできます。

インスリン バイオシミラー

2021年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。

2021年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

2018年現在の糖尿病の配合薬

2018年現在の糖尿病の配合薬をまとめてみました。...続きを読む

糖尿病 薬のまとめ インスリン製剤

最近では糖尿病の薬は注射製剤、内服薬ともさまざまな種類が出ています。低血糖になりやすい薬、なりにくい薬、最近では週1回の内服薬、注射製剤も出てきています。2018年4月、現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

インスリン製剤一覧表

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...続きを読む

インスリンのQ&Aをまとめてみました。

先生からそろそろインスリンと言われた時、心配になると思います。その際のよくあるインスリンについてのQ&Aをまとめてみました。...続きを読む

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...続きを読む