港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

チェックミーを使って、標高2450mでSpO2(酸素飽和度)を測定してみました

更新日2016-06-15
掲載日: 2015-08-28

 立山、室堂での睡眠モニターにてSpO2の低下が、、、立山ホテル(海抜2450m) マチュピチュより標高の高いホテル(写真2では富山の市街地からのホテルの位置が分かります)にてCheckmeの睡眠モニターをつけて記録してみました。

標高2450m
ホテル立山の高さがわかりますか

衝撃な結果はこちら!!結果はSpO2平均93% 最低値 87% 、SpO2 90以下の統計 20回 計3分16秒(アルコールなし)、SpO2低下時は脈拍も上がっています。ちなみに普通、平地では、SpO2 90を切ることはありません。

左:2450mの結果 右:平地の結果

参考に翌日下山した時の(写真4)結果はSpO2平均97%、最低値 95%、SpO2が90以下の統計は0回、計0分でした。

ホテルの売店のチップスも気圧低いのでパッツンパッツンに膨張してました。ちなみに沸点は90°くらいです。立山ホテルは、星がきれいです(悪天候で私は見れませんでした。)4、5月は20mの雪の壁が見られます。

しろえびポテトチップス
こんなにパンパンです
星が近いですね。