インスリンQ&A


Date Posted: 2016-02-26

インスリンについて ~良くある質問Q&A~

Q: 注射は痛くないですか?
A: 注射につける針はとても細いので、痛みはほとんどありません。私自身、患者さんをインスリン導入する際、痛くないのを実感してもらうために、針を付けて患者さんのまえで、お腹に刺して、痛くないことを見せることがあるくらいです。(注)私は痛いの苦手ですが、痛くないので大丈夫です。
採血で使用する針に比べてご覧のとおり、更に細いので痛みはほとんどありません
Q: インスリン治療は、一度始めたら一生やめられないのでしょうか?
A: 2型糖尿病の場合、適切なタイミングで速やかにインスリン注射を導入することで、インスリンを補い、疲れたすい臓を一時的に休ませてあげることができます。その後血糖コントロールにて糖尿病が改善したら、インスリン治療をやめることも可能な場合もあります。適切なタイミングでインスリンを導入することで、かえってその後インスリンを辞めることができる可能性が高くなるわけです。
Q: インスリン治療を開始するには必ず入院が必要ですか?
A: 以前は、入院してのインスリン導入が普通でしたが、最近では、外来のみで通院をしながらでも安全にインスリン療法を始めることが可能になりました。なかなか忙しく、仕事や生活もあり入院はできないけれど、、、という方は、外来でのインスリン導入をご相談ください。
Q: インスリンの回数を減らす、単位を減らすことはできないのでしょうか?
A: 現在、インスリンだけでなく、GLP1製剤という薬剤を使用したり、内服と併用することで、一日に打つ回数を減らしたり、単位を減らすことも可能な場合もあります。
Q: インスリン製剤を持ち歩くのが面倒です。人前でも打ちたくありませんし、せめて、会社に持っていかなくてもいい方法はありますか?
A: 現在、性能の良い新たなインスリンが毎年毎年出ております。それをうまく用いることで、朝食時と夕食時のみや、あるいは、1日1回だけ注射するタイプでのインスリン療法も可能な場合があります。これらの方法なら、外出先でインスリン製剤を投与しなくても治療を行えます。ただし、糖尿病の状態によります。この治療方法を選択できるかどうかは異なります。ご相談ください。
Q: インスリンは高くないですか?薬代が気になります。
A: 最近、バイオシミラーと呼ばれる安価になったインスリンも出てきております。薬剤費が気になる方は、気にせず、薬代が気になると相談してください。なるべく薬剤費を抑えるように考慮することもできます。

糖尿病 2018年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。

2018年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

糖尿病の薬には、週1回の薬(内服薬、注射薬)もあります。

毎日内服する薬が、週1回内服、もしくは週1回注射に置き換えることで、夜勤等で毎日のリズムが一定でない職(不規則な生活スタイルな方)についている方、忙しい方などで飲み忘れが多い方、内服や注射の回数を減らしたいという方にマッチする可能性のある薬です。 ...続きを読む

2018年現在の糖尿病の配合薬

2018年現在の糖尿病の配合薬をまとめてみました。...続きを読む

糖尿病 薬のまとめ インスリン製剤

最近では糖尿病の薬は注射製剤、内服薬ともさまざまな種類が出ています。低血糖になりやすい薬、なりにくい薬、最近では週1回の内服薬、注射製剤も出てきています。2018年4月、現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

インスリン製剤一覧表

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...続きを読む

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...続きを読む