インスリン製剤一覧表


Date Posted: 2016-01-11

 糖尿病学会が監修している「インスリン製剤一覧表」を掲載しております。画像をクリックすると大きな画像のPDFが表示されます。ぜひ、ご活用ください。

GLP1製剤

 見た目はインスリン製剤に似ていますが、(デバイスが似ているため)、しかし中身は全く異なるものです。単剤での使用であれば低血糖や体重増加を起こしにくい性質があります。しかし他の糖尿病治療薬との併用では低血糖のリスクが高まります。また、GLP1受容体作動薬は胃の中にある食べ物の排出を遅らせる作用があったり、その他の作用で、うまく利用すると食欲を抑えたり、そのため体重減少を期待することができます。インスリンとの併用でインスリン量の減量に成功したり、1日あたりのインスリンの回数を減らしたり、また週一回の製剤も出てきています。現在さまざまなGLP1製剤があり、それぞれの特徴があり、一人ひとりにきめ細かに合うものにしていくことができます。ただし、インスリンからの切り替え例で高血糖になった事例があります。切り替えには十分な注意が必要です。


糖尿病 2018年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。

2018年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

糖尿病の薬には、週1回の薬(内服薬、注射薬)もあります。

毎日内服する薬が、週1回内服、もしくは週1回注射に置き換えることで、夜勤等で毎日のリズムが一定でない職(不規則な生活スタイルな方)についている方、忙しい方などで飲み忘れが多い方、内服や注射の回数を減らしたいという方にマッチする可能性のある薬です。 ...続きを読む

2018年現在の糖尿病の配合薬

2018年現在の糖尿病の配合薬をまとめてみました。...続きを読む

糖尿病 薬のまとめ インスリン製剤

最近では糖尿病の薬は注射製剤、内服薬ともさまざまな種類が出ています。低血糖になりやすい薬、なりにくい薬、最近では週1回の内服薬、注射製剤も出てきています。2018年4月、現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

インスリンのQ&Aをまとめてみました。

先生からそろそろインスリンと言われた時、心配になると思います。その際のよくあるインスリンについてのQ&Aをまとめてみました。...続きを読む

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...続きを読む