高血圧は脳卒中や心筋梗塞などの怖い病気を引き起こします


更新日2016-06-29
掲載日2015-05-20

 血圧は早朝から上がりはじめ、午前中に高くなる傾向があります。また心筋梗塞や狭心症発作なども午前中に多く起こることが、脳卒中は朝の6時ごろから正午にかけて起こりやすい、報告されています。このことから脳卒中や心筋梗塞などの脳・心血管疾患の発症と、朝の急激な血圧上昇との関係があると考えられています。心筋梗塞の発症数のグラフです。目覚めてから1時間以内に非常に多く発症しているのがわかります。

脳卒中の発症数のグラフです。午前8時から12時に多く発症しているのがわかります。

高血圧はなぜ悪いのでしょうか?

血圧とは、血液が心臓から押し出されて血管(動脈)を通る時、血管にかかる圧力のことです。高血圧では常に血管に圧力がかかることで、血管が傷つきます。...続きを読む

高血圧、慢性腎臓病の原因となる塩SALTのお話

サラリーマンの『サラリー(Salary)』は古代ローマ時代に市民が給料で国に雇われていた軍団兵に与えられていた「塩」を表すラテン語サラリウム(Salarium)が語源となっています。...続きを読む

塩分について正しい知識を身につけましょう。

あなたは自分がどのくらい塩分を取っているか?自分の食べているものは平均よりしょっぱいのか?知りたくないですか? 日本人の国民病である高血圧は塩分が原因の一番です。...続きを読む