港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

糖尿病について最初のお話

掲載日: 2015-04-02

 糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。

なぜそうなるかというと

 インスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく作用しなくなってしまうからです。インスリンとは、からだの中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節しています。ですので、インスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖が増えてしまい血糖が上がります。

症状は

 血糖値が著しく高くなると、のどの渇き、尿が多い、疲れやすい、体重が減るなどの症状が出てきます。糖尿病ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がありません。そのため検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いのです。糖尿病が疑われる人は、全国に2,210万人いると推定されていますが、その約40%はほとんど治療を受けたことがない人だと言われています。

では糖尿病を放っておくとどうなるのでしょう?

 糖尿病でなくなる人は、年間で約1万4千人くらい(平成19年人口動態統計)です。ただ一番重大な問題は、合併症です。症状がないからとほっておくと、、、  糖尿病に特有の合併症が起きます。血糖コントロールをできないと、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が出てきます。

いわゆる3大合併症 

(眼)糖尿病網膜症 (腎)糖尿病腎症 (神経)糖尿病神経障害 ちなみに糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人は、年間約1万5千人、糖尿病による視覚障害の発生も年間約3,000人います。また現在は、脳卒中、心筋梗塞、狭心症、認知症 ガン 歯周病にもなりやすいと言われてます。

だからこそ

 糖尿病は”検査の病気”であり、自覚症状を目安にしてはよいコントロールはできません。当院では、糖尿病の指標として重要なHbA1c※1は受診当日すぐわかり、糖尿病性腎症の指標の尿中微量アルブミン検査・尿検査、動脈硬化の検査として頸動脈エコー・心電図検査もできます。

◆ 以前糖尿病と診断されたが、定期受診はされていない方
◆ 糖尿病と診断され通院しているが、近くの病院に移りたい方
◆ 糖尿病と診断されたことはないが不安で検査を希望の方
など、是非どんなことでも気軽にご来院ください。

※1HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは、過去1~2ヶ月の血糖の平均値がわかる指標です。

ガイドライン

インスリン注射について

 当院ではインスリン外来導入も行なっております。現時点では、インスリン投与は残念ながら注射しかありません。注射に抵抗がある方や、注射を始めたら一生やめられなくなるのではないかなど不安も多いかと思いますが、インスリン注射をすると、自分のインスリン生産工場である膵臓を守ることになります。他院でインスリンが必要と言われたが納得がいかない方、不安な方も是非ご相談ください。

続きを読む >>

副菜はあったほうがいいのですか?

果たして、主食単品より、副菜があったほうが血糖が上がりにくいか? また食事の順番、主食より野菜、汁物を先にする方がよいのか?吉野家の牛丼で試しました。 ...もっと見る

低血糖 対処法

 まず、低血糖かな?と思ったらすぐに糖分を取りましょう。吸収のよい糖質10g(ブドウ糖、砂糖、ジュース)を摂り安静にします。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、第二報です。

 2週間の血糖の推移を週間のサマリー、Dailyのサマリーにてみていきます。またDailyサマリでは、どうして血糖が上がったのか?下がったのか?糖尿病専門の私なりにその日の生活、食事を踏まえて解説してみました。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、私の結果です。

 2週間の血糖の推移をよりわかりやすく、観ることができます。糖尿病の方だけでなく、境界型糖尿病の方や、他の生活習慣病のかた、現在健康な方でも役立つかもしれません。 ...もっと見る

非接触の新しいタイプの血糖測定器

フリースタイルLibreを手に入れました。これの何がすごいかというと、腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、血糖値をリアルタイムで測定することができます。 ...もっと見る

フリースタイルLibre 装着編

フリースタイルLibreを手に入れました。Libreの装着方法をまとめてみました。 ...もっと見る

低血糖

『低血糖には注意しましょう』『低血糖にならないように、薬を飲んでいる方は注意しましょう』とよく先生から外来の時に言われると思いますが実際、低血糖とはどういうもので、どういう状態なのでしょうか?...もっと見る

シックデイとシックデイルール

糖尿病の方で発熱や下痢、嘔吐をきたし、食欲低下をした場合にシックデイと言います。通常、血糖コントロールが良好であった方でも このようなシックデイでは、一般に一時的に血糖が上がることが多いです。シックデイの時の対処をシックデイルールと言います。シックデイの際には適切なインスリン・経口薬の減量を行うことが、低血糖の予防になります。 ...もっと見る

ペン型でない、インスリン注射デバイス、イノレットについて

2016.05.11

高齢化が進み、独居の方が増えています。認知症や脳梗塞で片麻痺、また視力低下が起きる中、現在週一回のGLP1製剤などもあり、訪問看護師さんに打ってもらうなどして対応している方もいます。しかしインスリンを打ち続けないといけない方々もいます。そんな時どうするか?そんな方への、選択の一例を示します。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル No.2

続)災害時マニュアルです。食事に関しての注意事項とそれぞれの薬剤の注意点をまとめています。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル

地震など災害(洪水等も)に遭遇した際に、糖尿病の方が生き延びる備えや、その時どうすればいいか考えておく必要があります。...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。...もっと見る

インスリンのQ&Aをまとめてみました。

先生からそろそろインスリンと言われた時、心配になると思います。その際のよくあるインスリンについてのQ&Aをまとめてみました。...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのですか?

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのでしょうか?糖尿病は体に良くないから、おしっこに糖が出るから、糖尿病で来られる方の大半は特に何のつらいこともないのになぜ?という方ばかりです。...もっと見る