糖質制限ってどうなの?


掲載日2019-09-17

”糖質制限”って、ホントに良いものなの?その1

体重減少や肥満を良くするため、または血糖改善のため、『糖質制限』『糖質』を取らない食事に挑戦する人が多くなっています。でも本当にそれで良いのでしょうか? 皆が一度はギモンに思う問題です。

もう何年前になるでしょうか? 『糖質制限』という言葉が出てきて今ではほとんどの人が知っている状態となり、そのため、血糖改善のため、体重を減らすためなどなどでチャレンジする人が増えている昨今、それは本当に大丈夫なのでしょうか?

下の図は米国人1,5000人を25年間追跡した研究で、簡単に言うと糖質制限食は寿命を縮めるという結果となっています。 横軸は摂取エネルギーのうち糖質(炭水化物)の占める割合、縦軸はHezard Ratio→この場合摂取エネルギーのうち50%が糖質(炭水化物)のリスクを“1”とした場合、この1を超えるものはそれよりリスクが高くなる、ということになります。 この論文によると「糖質制限ダイエット」(横軸50より左の炭水化物30~40%)は、通常(40~70%)より寿命が2.3年短いという結果となりました。 これは後述しますが糖質制限の人は牛肉や豚肉の摂取量が多いことが原因だと考えられています。

ここで少し前後しますがまず、糖質(炭水化物)だけでなく、糖質(炭水化物)を含めた三大栄養素について、触れておきます。図のように三大というのは たんぱく質、脂質、そして糖質(炭水化物)です。三大の一つである糖質は三大というだけあり、完全にカットすることはやはり良くないのではないかと常識的にも感じるわけです。(過ぎたるは猶及ばざるが如し)

実際、糖質(炭水化物)は脳にとって速効性のあるエネルギー源であり、ということは完全な糖質制限、糖質を完全にカットするのは脳を効率よく動かすためにも良くないことは想像に難くないわけです。  それに糖はエネルギーの貯蔵庫でもある脂肪のように脳に貯蔵しておくことができないため、絶えず補充が必要となります。ですのでやはり食事により定期的に摂取することが必須となります。

過ぎたるは猶及ばざるが如し

皆さん良く経験してませんか?朝飯抜きでそのせいで午前中、ボーとしてパフォーマンスが落ちる、かといって、ランチに“そば+丼もの”で満足したけどその後午後1時~3時くらいに眠くなる、会議で寝てしまう(普通に会議は寝てしまうものかもしれませんが)それもそれでパフォーマンスが落ちてしまいます。 (下の写真はオバマ前大統領が話している最中寝ているローレンス・サマーズ)

まず朝飯抜きで午前中ボーとするのは 糖質が足りてない、糖質不足→パフォーマンス低下
昼食そば+丼もので午後ボーとするのは 糖質摂りすぎ、糖質過剰→パフォーマンス低下

つまり子曰く、過ぎたるは猶及ばざるが如し(論語)です。 言い方を変えれば 糖質との付き合い方を間違っているからこういうことが起きるのです。 ただこれこそが分かれ目!! こういったおいしい糖質(炭水化物)を食べ過ぎることを控えることができたら、、、

だからといって、ただ糖質を減らしすぎてしまうと、結局小腹がすいてしまい間食が増えてしまい、血糖が高止まりしてしまう。

また糖質の分 たんぱく質、脂質の割合が増えすぎると血中のいわゆる悪玉コレステロールのLDLコレステロールや中性脂肪など脂質が悪化しそれはひいては 結局脳梗塞や心筋梗塞、狭心症、また腎臓病をリスクが上がることもあるのです。 ではどうすりゃいいの? となるわけですが それは、、、、後半のその2に続きます。

タピオカって太るの?

タピオカって太るの?現在、ある意味バブルの様相を呈しているタピオカ。実はこのバブルは第3次のブームとなります。...続きを読む

野菜ジュースの糖質について

外来や栄養相談にて食生活の聞き取りをしているとき良く出くわす『野菜ジュース』野菜不足を補うと言えば大変ヘルシーなイメージが湧きますが、実際は実は糖質を多く含んでいるものもあるので注意が必要です。...続きを読む

清涼飲料水と砂糖の関係

これまで、溶けたアイスクリームを食べたら非常に甘く感じたり、冷やしていたジュースを常温にしたほうが甘さが増したという経験はありませんか?冷たいものを口にすると、口の中が冷えることで甘さに対する味覚が鈍くなると言われてます。...続きを読む

清涼飲料水 糖質調査 2016年版

最近販売されている、目新しい気になるあの飲み物の糖質をまたまた調べてみました。糖尿病の方はもちろん、糖尿病でない方も参考にしてください。...続きを読む

糖質の入っていない炭酸(炭酸水)の特集

糖尿病の方もそうでない方も、境界型や糖尿病の気がある人、正常な方でも、できるだけ飲料水で糖質をとるのは控えたいものです。...続きを読む