「これからの便秘治療を考える」


掲載日2019-02-20

 先日、「これからの便秘治療を考える」という勉強会で演者として話す機会を頂きました。糖尿病内科から見た便秘治療の現状と課題という演題で講演させていただきました。

今回、改めて自身で発表することで便秘治療や、糖尿病の方の特徴を再確認、再発見することができました。またご一緒させていただいた方々が市大の循環器・腎・高血圧内科教授の田村功一先生、うつ病の症例数がとても多くやはり御高名な横浜尾上町クリニックの山田和夫先生、でとても勉強になりました。

市大の肝胆膵消化器内科学主任教授 中島淳先生のご講演は 講演後の翌日から早速使うことのできる便秘の診察、治療の極意をご教授いただき、演者としても聴講者としても、とても勉強になった会でした。また何かの会で講演できたらなと考えております。