ほっとカフェ(認知症カフェ)の特別版


掲載日2018-10-24

10月17日、港南台地域ケアプラザのケアプラザフェスタが港南台の中心で地域の中心でもある港南台バーズの広場にてありました。その中で毎月1回ケアプラザで行っているほっとカフェ(認知症カフェ)の特別版として、ケアプラザの外に出て買い物等で歩いている人たちなど、いわゆる普通の地域の人対象に行いました。

ケアプラザ、また当院のスタッフの事前の準備や会の運営のおかげで、1階の席は椅子が足りなくなり、立ち見、また2階でもたくさんの方が観て聴いて参加していただきました。おそらく最大で100人以上の方々に足を止めて聴いていただき 私としても、話していても、皆さんが足止めて、そして熱心に聞いていただいているのがひしひしと感じ、地元の人々の認知症への関心の高さを改めて実感でき励みになる会となりました!!

来年はさらに地域の方々を巻き込んで横須賀の阿瀬川先生や小田原の武井先生 平塚の内門先生に追いつき追い越せで(先輩方ははるか先遠くを走っておられますが)地域の認知症理解が進んで文化へと昇華していく手伝いができればと思っています!!

(武井先生 演題名を今回パクッてしまいました。すみません。ただもともとは小田原の武井先生の演題名で、小田原ではもっと先いっているんですよと皆さんには宣伝しておきました)

毎月第2週火曜日 13時~15時で港南台地域ケアプラザにてほっとカフェ(認知症カフェ)行っております。皆さんの参加をお待ちしております。