「糖尿病」diabetes mellitusの名前の由来は?


掲載日2018-10-09

いまでは世界で12人に1人が糖尿病というなかで皆さん 糖尿病の語源をご存知でしょうか?「糖尿病」の名前の由来は、血糖の測定ではなく、患者の様態からつけられたもので、西暦2世紀頃にさかのぼります。

糖尿病の最古の記録は、エジプトで発見されたパピルス、これはそれを図案化した切手

飲んだ水がどんどん尿となって出てくる患者が、絶え間なく水が流れるサイフォンと同じだということで、ギリシャ語で 「通り過ぎてしまう」 という意味の 「サイフォン」 という名称がつきました。

紀元2世紀カッパドキアの医師Aretaeusが"diabetes"と命名

これがラテン語の「ダイヤベテス(Diabetes)」となり蜂蜜のように甘いことを意味する言葉であるmellitusと一緒になって diabetes mellitus という言葉が誕生しました。

Diabetes mellitusの語源は
Diabetes
dia→through,across
betes → pass,go,walk
mellitus → honney-sweeted
つまり

Diabetes → 「尿が常に出る」
しかし、これだけだと尿崩症(にょうほうしょう)との区別がつきにくいので、Melllitus→「蜜のように甘い」という意味を追加して「蜜のように甘い尿が常に出る」という意味になることで糖尿病を表したわけです。

現存する中国最古の医学書と呼ばれている これはそれの現代語訳本

ちなみに、紀元前の中国では「黄帝内経素問(こうていだいけいそもん)」,「金匱要略(きんきようりゃく)」に記載されている「消渇(しょうかつ)」が糖尿病を指し,日本では、10世紀から中国医書の翻訳でこの病気は知られており、そのころは中国と同じく「消渇」とよばれ、幕末~明治初期には、Diabetes Mellitusを「蜜尿病(みつにょうびょう)」又は、「甘血(かんけつ)、糖血病(とうけつびょう)、糖尿病、葡萄糖尿(ぶどうとうにょう)」と呼ばれるようになり、1907年第4回日本内科学会講演会後に「糖尿病」に統一されたという経緯があります。

ではでは

Q: 尿糖がでていると 糖尿病なのでしょうか?

A: 糖尿病という病名のため、尿に糖が出ることが糖尿病だと、みなさんよく勘違いされますが、これは正しくありません。糖尿病であっても、尿糖が出ない場合もあり 逆に尿糖が出ていても糖尿病でないこともあります。だからといって、尿糖を測る意味がないわけではありません。本当に健康に近い状態であれば食後といえども尿糖はでません。また、最近では糖尿病の薬でSGLT2阻害薬は薬の力で尿糖を増やし血糖値を下げようという薬もあります。

SGLT2阻害薬についてはコチラより >>

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...続きを読む

糖尿病とはどう付き合っていけばよいのでしょうか?

「糖尿病を良くしなければならないことはわかるけど、でもそのためには食べたいものを我慢して、つらいことばかりではないの?」上達や長続きするコツは、「できるだけ楽しく付き合っていくこと」です。...続きを読む

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...続きを読む