糖尿病の薬には、週1回の薬(内服薬、注射薬)もあります。


掲載日2018-09-12

毎日内服する薬が、週1回内服、もしくは週1回注射に置き換えることで、夜勤等で毎日のリズムが一定でない職(不規則な生活スタイルな方)についている方、忙しい方などで飲み忘れが多い方、内服や注射の回数を減らしたいという方にマッチする可能性のある薬です。

また高齢化により、独居や認認介護のまま、インスリン治療の治療や何種類もの薬を内服している方が増えています。インスリンや経口血糖降下薬は管理を誤ると重症の低血糖を起こすこともあり、だからと言ってインスリンや内服の減量を試みるも食事や服薬管理がうまく管理できないと、思いがけず、高血糖になってしまうということもあります。

そういう方にも週1回の内服や週1回の注射製剤を用いることで、内服薬等の数を減らし薬剤の整理、それによりトラブルが減る可能性が大きく、さらに血糖改善がみられることがあります。

また自身での服薬/注射が困難な患者さんに週1回なので、訪問看護スタッフや家族が管理して投与することもできます。

週1回の内服薬

現在 ザファテック、マリゼブの2剤があります。

ザファテック50mg
ザファテック100mg
マリゼブ12.5mg
マリゼブ25mg
週1回のDPP4阻害薬について

もともとDPP4阻害薬は単剤では低血糖などの副作用が少なく、使用しやすい薬でしたので、週1回の薬でも、単剤では低血糖等はおきにくく、非常に使いやすくなっています。

週1回のGLP1受容体作動薬

ビデュリオン、トルリシティ現在2種類あります。

ビデュリオン(使用前)とボールペンの大きさ比較
ビデュリオン
トルリシティ

こちらも、もともとGLP1製剤は単剤でもちろん、低血糖のリスクは少なく、また他の糖尿病薬の組み合わせにもよりますが、工夫すれば他の糖尿病薬と組み合わせても使いやすい薬となっています。

毎日の注射は自身では難しくても、週1回なら訪問看護師や家族の人が可能な場合もあり使いやすくなっています。

※注意 これらの週1回の薬はすべての例で変更可能もちろんではありません。その人の状況や病状、現在内服しているものによっては、変更が難しいものもたくさんあります。変更ができるかどうかは、現在 治療を受けている主治医ときちんと相談しましょう。


糖尿病 2018年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。

2018年現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

2018年現在の糖尿病の配合薬

2018年現在の糖尿病の配合薬をまとめてみました。...続きを読む

糖尿病 薬のまとめ インスリン製剤

最近では糖尿病の薬は注射製剤、内服薬ともさまざまな種類が出ています。低血糖になりやすい薬、なりにくい薬、最近では週1回の内服薬、注射製剤も出てきています。2018年4月、現在の糖尿病の薬をまとめてみました。...続きを読む

インスリン製剤一覧表

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...続きを読む

インスリンのQ&Aをまとめてみました。

先生からそろそろインスリンと言われた時、心配になると思います。その際のよくあるインスリンについてのQ&Aをまとめてみました。...続きを読む

糖尿病について最初のお話

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...続きを読む