港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

残薬整理いたします!

掲載日2018-01-05

先生には言いづらいのだけれど家に、先生に出された薬が残っているという方がいましたら、気にせず診察時に持ってきてください! というのは、実は残った薬を医師と共有し把握するということは、大きなメリットがあるのです!!

例えば内服の回数や量を減らすこともできる場合もあるからです。

糖尿病でも高血圧でもコレステロール、尿酸の薬でも当たり前ですが薬はきちんと飲むことで効果が出ます。
糖尿病→血糖を改善する
高血圧→血圧を改善する
脂質異常症→コレステロールを改善する

しかし、、、 実はよくあるのですが、きちんと内服できない人もいます。

例えば糖尿病の治療薬における残薬状況について、イーライリリーによる調査によると

33.1%の人が残薬ありと答えています。また同調査で残薬を医師に申告している患者さんはというと

となり 34.7%の患者さんは先生に話していないようです。

ではその場合どうなるかというと、、、
医師はきちんと飲んでいても、改善しないと判断し、
薬があっていないのではないか?
薬の量が少ないのではないか?
と判断し、本当は効く薬なのに変更されたり、薬の量が増やされる
ということが起きます。

これでは、患者さんにとっても、医師にとっても良いことではありません。 ですので、、、

飲み忘れや、残っている薬があったら、診察時の持ってきてください。 薬の調整を行います。

ちなみに前述の残薬があると回答した患者さんに服薬上困っている点を聞くと
『薬の種類が多い』が26.3%と一番多く、
『一度に飲む量が多い』22.4%、
『タイミングを守ることが難しい』17.5%と続きます。

残薬を申告することで ★これらの困っている点、『薬の種類が多い』『一度に飲む量が多い』『タイミングを守ることが難しい』『服用回数が多い』を考慮しつつライフスタイルや体調に合わせて、薬の飲み方や剤形を変更することも一緒に考えることができます。

ライフスタイルや体調とは

例えば、夜勤や3交代制で昼夜不定期、朝食を食べれない、昼食を食べれない、認知症等できちんと内服できない、介護者が内服させるが、一日何度も内服させるのは難しいなど

飲み方の変更や剤形の変更とは

例えば、1日3回内服を1日2回や1日1回に変更する。 食前の薬を、食後でも良い薬に変更する。 毎日1回の内服を週1回の内服に変更(糖尿病治療薬)。 毎日1回の内服や注射を週1回の内服に変更(糖尿病治療薬)。 内服の数が多い場合、配合剤を使用することで薬の数を減らす。

こうすることで、 『薬の種類が多い』→減らす考慮。 『一度に飲む量が多い』→分散や減らす考慮を。 『タイミングを守ることが難しい』→飲めるタイミングの変更の考慮。 『服用回数が多い』→回数の削減の考慮。 することができるかもしれません。

ちなみに糖尿病の治療薬に関してはこちら

ただし上記のような変更は、すべての人にできるわけではありません。

しかし、まずはできるかどうか相談することが大切です。そのためにも残った薬を持参していただき検討することが大切なのです!!

現在の薬による治療でよいのかどうか判断でき、場合によってはより良く負担の軽減できるかもしれません。

 関 連 記 事

ガジェット水泳比較

水泳にてAppleWatch2とMISFIT SHINE及びWithings Activite Popとを比較してみました。結論からいうと、AppleWatch2が段違いに良いです。...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、第二報です。

2016.07.29

 2週間の血糖の推移を週間のサマリー、Dailyのサマリーにてみていきます。またDailyサマリでは、どうして血糖が上がったのか?下がったのか?糖尿病専門の私なりにその日の生活、食事を踏まえて解説してみました。 ...もっと見る

非接触の新しいタイプの血糖測定器

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。これの何がすごいかというと、腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、血糖値をリアルタイムで測定することができます。 ...もっと見る

低血糖

2016.06.20

『低血糖には注意しましょう』『低血糖にならないように、薬を飲んでいる方は注意しましょう』とよく先生から外来の時に言われると思いますが実際、低血糖とはどういうもので、どういう状態なのでしょうか?...もっと見る

シックデイとシックデイルール

2016.05.25

糖尿病の方で発熱や下痢、嘔吐をきたし、食欲低下をした場合にシックデイと言います。通常、血糖コントロールが良好であった方でも このようなシックデイでは、一般に一時的に血糖が上がることが多いです。シックデイの時の対処をシックデイルールと言います。シックデイの際には適切なインスリン・経口薬の減量を行うことが、低血糖の予防になります。 ...もっと見る

ペン型でない、インスリン注射デバイス、イノレットについて

2016.05.11

高齢化が進み、独居の方が増えています。認知症や脳梗塞で片麻痺、また視力低下が起きる中、現在週一回のGLP1製剤などもあり、訪問看護師さんに打ってもらうなどして対応している方もいます。しかしインスリンを打ち続けないといけない方々もいます。そんな時どうするか?そんな方への、選択の一例を示します。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル No.2

2016.04.24

続)災害時マニュアルです。食事に関しての注意事項とそれぞれの薬剤の注意点をまとめています。 ...もっと見る

糖尿病患者さんの災害時のマニュアル

2016.04.20

地震など災害(洪水等も)に遭遇した際に、糖尿病の方が生き延びる備えや、その時どうすればいいか考えておく必要があります。 ...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

2016.04.13

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。 ...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

2016.02.17

糖尿病の患者さんは来院時に空腹時血糖値とヘモグロビンエーワンシーを測ることが多いと思います。これはどのような意味を持っているのでしょう。意味を知っていると糖尿病の付き合い方も変わってきますよ。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

2016.01.07

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

糖尿病について最初のお話

2015.04.02

糖尿病とは、からだを動かすエネルギー源となるブドウ糖が、エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまう→血液中のブドウ糖濃度が適切な範囲を超えて上昇してしまう病気です。...もっと見る

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのですか?

2015.04.02

そもそもどうして糖尿病は良くしないといけないのでしょうか?糖尿病は体に良くないから、おしっこに糖が出るから、糖尿病で来られる方の大半は特に何のつらいこともないのになぜ?という方ばかりです。...もっと見る