港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

花粉症に備えましょう

更新日2017-02-26
掲載日2015-06-02

花粉症外来では内服薬・漢方・点鼻薬・点眼薬の処方が可能です長期処方も可能です。ジェネリックにも対応可能です。

※注意
ヒスタグロビン(非特異的減感作療法)、シダトレン(舌下免疫療法)、 ステロイド デポ剤は取り扱っておりません。

 花粉症の季節がやってきました。花粉の飛散状況は日本気象協会のホームページで確認することができます。神奈川県横浜市のこの先1週間の飛散状況がわかります。花粉症対策は先手必勝です。気になり始めたら、花粉症外来をしている当院にご相談ください。

鼻がムズムズ、目がショボショボ

薬の処方

初めての方はまずは2週間

 花粉症の薬初めてという方は、まず処方した薬が合うものなのかどうかを見極める必要があります。ですので、まず1~3週間分を処方します(もちろん都合により必ずしもではありません)自分に合ったものがみつかれば、長期処方も可能です。

すでに使用している薬のある方は

毎年愛用しているその薬を飲みたい、また、漢方を試してみたい(眠気の副作用はまずありません)、自分に合った薬がなかなか見つからない、などいろいろなご要望をお聞きします。例えば、よく効くけど眠くなるというような方には眠気が少ないことを重視したりとにかく効くものという方には効果、有効性を重視します

 現在の内服(抗ヒスタミン薬)を変更や、漢方や他の作用機序のアレルギー薬を併用するなど考慮します。さらには、点鼻薬 点眼薬を併用することもできます。例えば鼻水 鼻づまりが強い場合、点鼻薬の処方も考えます。また直接粘膜に働くため、眠気はありません。また内服にてロイコトリエン拮抗薬やトロンボキサンA2拮抗薬などの薬剤を併用することも考えます。これらの薬も眠気はありません。また、目のかゆみが強い場合抗アレルギー薬の点眼薬を使用することも可能です。点眼薬もほぼ眠気はおきません。

 現在、内服薬だけでも20種類以上あり、点鼻薬やその形も多種多様です。点眼薬も様々な種類がありますので色々試していただくのもよいと考えます。Viewアレルギー39検査(即時アレルギー39種検査)もできます。

とまらないくしゃみは、花粉症デビューのサイン

花粉症の場合

くしゃみが止まらない...
花粉症のくしゃみは何回も続けて出るのが特徴です。ひどいときは一日中止まらない場合もあります。

目がかゆい...
ひどい目のかゆみを訴える人が多く、その他にも充血したり、涙が出る、目に異物感があるなどの症状がでます。

鼻水、鼻づまり...
さらさらとした流れるような鼻水が止まらなかったり、ガンコな鼻づまりに悩まされます。

その他の症状...
のどのかゆみや不快感、せき、吐き気や下痢などの胃腸症状、皮膚のかゆみやただれを訴える人もおられます。

以上の点から考えて花粉症かもしれないと思ったら当院にて、アレルギー検査をしてみましょう。

アレルギー検査とは

 この検査、スギ花粉やダニ、イヌやネコのフケなど、吸い込んでしまう可能性のあるアレルゲン(アレルギーを起こす物質)を、その強度も合わせて調べることのできる検査です。受診していただき簡単な採血検査をし、約一週間以降に結果ご説明いたします。

 現在、同時に39種類のアレルゲンを調べられるViewアレルギー39検査(以前はMAST33 33種類でしたがこちらの方が39種類調べられるのでこちらが主流となってます)という検査もあります。この検査は13項目アレルギー検査費用と同じ価格で39種類のアレルギー検査ができます

Viewアレルギー39検査

 1度の簡単な採血で39種類のアレルギーの原因を調べられる検査です。アレルギー性疾患の主要な原因アレルゲンの項目が入っています。 Viewアレルギー39検査は保険適用の検査です。 尚、初診の方が3割負担の保険診療でこの検査を受けた場合、窓口負担額は6,000円前後、1割負担の方は2000円前後となります。

調べられるアレルゲン

食餌性アレルゲン
キウイ、バナナ、ゴマ、ソバ、小麦、ピーナッツ、大豆、米、マグロ、サケ、エビ、カニ、ミルク、豚肉、牛肉、鶏肉、オボムコイド、卵白
 花粉アレルゲン
オオアワガエリ、ハルガヤ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
 環境アレルゲン
コナヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、イヌ皮屑
 その他のアレルゲン
ペニシリウム、クラドスポリウム、カンジダ、アルテルナリア、アスペルギルス、ラテックス

関 連 記 事

清涼飲料水 糖質調査

2016.08.12

 最近販売されている、目新しい気になるあの飲み物の糖質をまたまた調べてみました。糖尿病の方はもちろん、糖尿病でない方も参考にしてください。 ...もっと見る

低血糖 対処法

2016.08.03

 まず、低血糖かな?と思ったらすぐに糖分を取りましょう。吸収のよい糖質10g(ブドウ糖、砂糖、ジュース)を摂り安静にします。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、私の結果です。

2016.07.21

 2週間の血糖の推移をよりわかりやすく、観ることができます。糖尿病の方だけでなく、境界型糖尿病の方や、他の生活習慣病のかた、現在健康な方でも役立つかもしれません。 ...もっと見る

非接触の新しいタイプの血糖測定器

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。これの何がすごいかというと、腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、血糖値をリアルタイムで測定することができます。 ...もっと見る

フリースタイルLibre 装着編

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。Libreの装着方法をまとめてみました。 ...もっと見る

胃カメラ検査

2016.06.28

胃カメラ検査は苦しい・辛い”というイメージを持っていませんか?最近では内視鏡検査の技術も装置も進歩し、従来と比べラクに検査できるようになってきています。 ...もっと見る

肺炎球菌ワクチン

2016.06.24

成人の肺炎球菌ワクチンが定期予防接種になりました。対象年齢が65歳から70歳、75歳と5歳きざみです。その肺炎球菌ワクチンには、現在日本で2種類あるのはご存知でしょうか?...もっと見る

肺炎球菌ワクチンの投与スケジュール

2016.06.24

成人の肺炎球菌ワクチンが定期予防接種になりました。対象年齢が65歳から70歳、75歳と5歳きざみです。その肺炎球菌ワクチンには、現在日本で2種類あるのはご存知でしょうか?...もっと見る

肺炎球菌について

2015.09.20

肺炎球菌による感染症にかかることが多いのは、5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児や65歳以上の方です。 5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児では免疫機能が未発達のため肺炎球菌に対してうまく免疫が働きません。...もっと見る

高血圧は脳卒中や心筋梗塞などの怖い病気を引き起こします

2016.06.29

血圧は早朝から上がりはじめ、午前中に高くなる傾向があります。脳卒中や心筋梗塞などの脳・心血管疾患の発症と、朝の急激な血圧上昇との関係があると考えられています。...もっと見る

水分補給を忘れずに!!

2016.06.08

汗ばむ季節になりました・・・水分補給を忘れずに!!飲水はどれくらい必要なのでしょうか?のどの渇きを感じた時はすでに脱水が始まっています!!...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

2016.04.13

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。 ...もっと見る

コンビニでも工夫次第でバランスのとれた食事に! 塩分は多めですが。

2016.04.07

いつも食事が外食やお弁当になっている方...食事のバランスが気になりませんか?今、コンビニではパウチ食品やカット野菜が豊富です。...もっと見る

帯状疱疹を予防、軽減できるワクチンがあります。

2016.03.25

2017年3月 乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」(一般名:乾燥弱毒生水痘ワクチン) に「50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防」の効能・効果が追加承認されました。...もっと見る

高血圧、慢性腎臓病の原因となる塩SALTのお話

2016.03.07

サラリーマンの『サラリー(Salary)』は古代ローマ時代に市民が給料で国に雇われていた軍団兵に与えられていた「塩」を表すラテン語サラリウム(Salarium)が語源となっています。...もっと見る

50歳を過ぎたら前立腺がん検診を受けましょう

2016.02.22

横浜市在住の50歳以上の男性の方に年度に1回、1,000円で検診できます。PSA(前立腺特異抗原)という画期的な腫瘍マーカーの開発・普及によって、80〜90%という高い確率で前立腺がんを見つけることができます。...もっと見る

花粉症対策をしましょう!

2016.02.18

花粉症の季節がやってきました。花粉症対策は先手必勝です。気になり始めたら、当院にご相談ください。...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

2016.02.17

健康診断にて糖尿病の検査値、HbA1cと空腹時血糖値とは?あなたが糖尿病かどうかわかります!...もっと見る

痛風・高尿酸血症

2016.02.01

高尿酸血症と痛風は男性に多い病気です。痛風になりやすいかどうかは、多少遺伝的素因が関係しています。現在では30歳代でも発症する人が増えています。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

2016.01.07

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

頸動脈エコーについて

2016.01.06

動脈硬化をご存じですか?動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞のリスクとなる病気です。エコーで頸動脈の血管をみることで動脈硬化の評価ができます。...もっと見る

血糖値が気になる方への年末年始

2015.12.25

待ちに待ったお正月がやってきましたね。おせち料理に、お餅に、お酒にご馳走がたくさんいただけます。でも、食事指導を受けておられる人にはなかなか誘惑が多くて難しいですね。そこで、気になる注意点をまとめてみましたので参考になさってください。...もっと見る

インフルエンザの季節がやってきました。

2015.09.30

インフルエンザワクチンが2015/16シーズンより4価ワクチンに変わります。ここ最近は、A型のH1N1とH3N2に加えてB型の山形系統とビクトリア系統の混合流行が続いています。...もっと見る

ランチボックスに表記されたカロリーに近いお弁当が作れる、カロリーBENTO

2015.09.10

カロリーBENTOをLOFTで見つけました。ランチボックスに表記されたカロリーに近いお弁当が作れるらしく、400、550、700、850ml(KCAL)の四種類があります。...もっと見る

清涼飲料水と砂糖の関係

2015.07.28

これまで、溶けたアイスクリームを食べたら非常に甘く感じたり、冷やしていたジュースを常温にしたほうが甘さが増したという経験はありませんか?冷たいものを口にすると、口の中が冷えることで甘さに対する味覚が鈍くなると言われてます。...もっと見る

塩分について正しい知識を身につけましょう。

2015.07.14

あなたは自分がどのくらい塩分を取っているか?自分の食べているものは平均よりしょっぱいのか?知りたくないですか? 日本人の国民病である高血圧は塩分が原因の一番です。...もっと見る