港南台内科クリニック

横浜市港南区港南台3-17-2
045-835-5134

インフルエンザについて

Date Posted: 2018-01-09

インフルエンザはどのように感染するのか? また日常の予防は?罹ってしまったら?(必ずしも抗インフルエンザ薬が必要とは限りません)咳エチケットとは?迅速検査について(実はインフルエンザに感染していても約3人に1人は迅速検査でも陽性にならない=偽陰性になり、限界がある→詳しくは後述) などなどまとめました。

インフルエンザは下の図のようにウイルスです。

感染経路

その感染する経路は主に二つあります。

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出。別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染。

主な感染場所は学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所などです。

接触感染

  1. 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
  2. その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く
  3. 別の人がその物に触ってウイルスが手に付着
  4. その手で口や鼻を触って粘膜から感染

*主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

インフルエンザの日常できる予防

1.人ごみを避けること

高齢な方や基礎疾患のある方、妊婦、疲労気味、睡眠不足の方は特に、インフルエンザが流行してきたら、人ごみや繁華街はできたら避けましょう。

基礎疾患
  1. 喘息や、慢性呼吸器疾患(COPD)のある人
  2. 血液疾患の人
  3. 免疫抑制状態の人 (悪性腫瘍やステロイド、免疫抑制薬内服中の人)
  4. 慢性心疾患のある人
  5. 糖尿病など代謝性疾患のある人 など

2.外出後の手洗い、うがいの励行→接触感染の防止

手洗いは、インフルエンザだけでなくてもどんな感染症予防になります!!

3.十分な睡眠

睡眠は、インフルエンザになった際も大切です!!

4.適度な室温

関東の冬は乾燥しやすく 乾燥はインフルエンザに罹りやすくなります。 さらに乾燥しやすい屋内では加湿器など利用し50~60%の適切な湿度を保つと罹りにくくなります。

5.咳エチケット→飛沫感染対策 ~ほかの人への思いやり-

特にほかの人にうつさないために大切です。

マスクをする

くしゃみや咳が出ている間はできるだけマスクを着用しましょう。 使用後のマスクは放置せず、ごみ箱に捨てましょう。 ※マスクを着用していても、きちんとできている人は少ない印象があります!! 鼻の部分に隙間があったり、あごの部分が出たりしていると、効果がありません。 鼻と口の両方を確実に覆い、正しい方法で着用しましょう。

顔をそらす

くしゃみや咳の飛沫は、1~2メートル飛ぶと言われています。 普段より咳エチケットを心掛け、くしゃみや咳をするときは、他人にかからないように、顔を他人に向けないようにしましょう。

とっさの咳やくしゃみでマスクがない場合
  1. ティッシュや腕の内側で口と鼻を覆いましょう
  2. 使用後のティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう
  3. 手の場合はすぐに手を洗いましょう

インフルエンザワクチンによる予防

確実な方法は流行前にワクチン接種を受けましょう。ワクチンは発症する可能性を軽減させる効果と発症した際の重症化も防ぐ効果があります。(ワクチンのページ)

※接種後すぐは効果が発揮しないので、流行前に打つことが大切。

インフルエンザになってしまったら

  1. 具合が悪ければ、早めに医療機関に受診しましょう
  2. 特に上記に挙げた基礎疾患のある方は重症化する可能性が高いので早めに受診を
  3. 安静にして休みましょう。特に睡眠を十分とることが一番大切
  4. 水分を十分補給しましょう
  5. 周りにうつさないようにマスクをしましょう。
  6. 人ごみや繁華街への外出を控え、無理に学校や職場に行かない。

繰り返しですが一番大切な治療は、薬を内服することではなく、安静にし睡眠をとることです。

抗インフルエンザ薬を服用するかどうかは場合によるのです→必ずしも抗インフルエンザ薬を使用しないと治らないわけではない。つまり使わなくても多くのインフルエンザ感染は自然に治るのです。

抗インフルエンザ薬の効果としては、実は健常成人では半日程度(0.55~0.57日)程度早く熱をさげるというものでしかないという信頼性の高い調査研究報告もあります。 抗インフルエンザ薬を用いずとも、解熱薬や漢方の内服のみでもよいことが多いのです。 ※基礎疾患のある方や高齢者や小児などリスクの高い方では、上記は当てはまらず、内服したほうが良いと考えます。

インフルエンザ迅速検査について

2017年の報告では迅速検査の感度は66.1%という結果もあります。これは約4割は実はインフルエンザの人でもインフルエンザではないと間違って検査の結果が出る(偽陰性)ということです。

迅速検査は 鼻粘膜や鼻汁のインフルエンザウイルスを検出するため、ウイルスが十分に増殖していない発症後12時間未満では、特に偽陰性になりやすいです。 迅速検査も絶対ではなくそれなりに偽陰性が多く限界があることを理解しましょう。そのため、検査では陰性だとしても、臨床症状よりインフルエンザとして判断し治療することもあります。

関 連 記 事

高血圧は脳卒中や心筋梗塞などの怖い病気を引き起こします

2016.06.29

血圧は早朝から上がりはじめ、午前中に高くなる傾向があります。脳卒中や心筋梗塞などの脳・心血管疾患の発症と、朝の急激な血圧上昇との関係があると考えられています。...もっと見る

清涼飲料水 糖質調査

2016.08.12

 最近販売されている、目新しい気になるあの飲み物の糖質をまたまた調べてみました。糖尿病の方はもちろん、糖尿病でない方も参考にしてください。 ...もっと見る

低血糖 対処法

2016.08.03

 まず、低血糖かな?と思ったらすぐに糖分を取りましょう。吸収のよい糖質10g(ブドウ糖、砂糖、ジュース)を摂り安静にします。 ...もっと見る

Freestyle Libreのレポート、私の結果です。

2016.07.21

 2週間の血糖の推移をよりわかりやすく、観ることができます。糖尿病の方だけでなく、境界型糖尿病の方や、他の生活習慣病のかた、現在健康な方でも役立つかもしれません。 ...もっと見る

非接触の新しいタイプの血糖測定器

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。これの何がすごいかというと、腕に貼り付けたパッチに機械をかざすだけ(非接触)で、血糖値をリアルタイムで測定することができます。 ...もっと見る

フリースタイルLibre 装着編

2016.07.01

フリースタイルLibreを手に入れました。Libreの装着方法をまとめてみました。 ...もっと見る

胃カメラ検査

2016.06.28

胃カメラ検査は苦しい・辛い”というイメージを持っていませんか?最近では内視鏡検査の技術も装置も進歩し、従来と比べラクに検査できるようになってきています。 ...もっと見る

肺炎球菌ワクチン

2016.06.24

成人の肺炎球菌ワクチンが定期予防接種になりました。対象年齢が65歳から70歳、75歳と5歳きざみです。その肺炎球菌ワクチンには、現在日本で2種類あるのはご存知でしょうか?...もっと見る

肺炎球菌ワクチンの投与スケジュール

2016.06.24

成人の肺炎球菌ワクチンが定期予防接種になりました。対象年齢が65歳から70歳、75歳と5歳きざみです。その肺炎球菌ワクチンには、現在日本で2種類あるのはご存知でしょうか?...もっと見る

肺炎球菌について

2015.09.20

肺炎球菌による感染症にかかることが多いのは、5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児や65歳以上の方です。 5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児では免疫機能が未発達のため肺炎球菌に対してうまく免疫が働きません。...もっと見る

水分補給を忘れずに!!

2016.06.08

汗ばむ季節になりました・・・水分補給を忘れずに!!飲水はどれくらい必要なのでしょうか?のどの渇きを感じた時はすでに脱水が始まっています!!...もっと見る

糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています

2016.04.13

当院では、糖尿病の患者さんに対しては、尿検査を実施しています。意外に尿検査からもいろいろなことが分かります。 ...もっと見る

コンビニでも工夫次第でバランスのとれた食事に! 塩分は多めですが。

2016.04.07

いつも食事が外食やお弁当になっている方...食事のバランスが気になりませんか?今、コンビニではパウチ食品やカット野菜が豊富です。...もっと見る

帯状疱疹を予防、軽減できるワクチンがあります。

2016.03.25

2017年3月 乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」(一般名:乾燥弱毒生水痘ワクチン) に「50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防」の効能・効果が追加承認されました。...もっと見る

高血圧、慢性腎臓病の原因となる塩SALTのお話

2016.03.07

サラリーマンの『サラリー(Salary)』は古代ローマ時代に市民が給料で国に雇われていた軍団兵に与えられていた「塩」を表すラテン語サラリウム(Salarium)が語源となっています。...もっと見る

50歳を過ぎたら前立腺がん検診を受けましょう

2016.02.22

横浜市在住の50歳以上の男性の方に年度に1回、1,000円で検診できます。PSA(前立腺特異抗原)という画期的な腫瘍マーカーの開発・普及によって、80〜90%という高い確率で前立腺がんを見つけることができます。...もっと見る

花粉症対策をしましょう!

2016.02.18

花粉症の季節がやってきました。花粉症対策は先手必勝です。気になり始めたら、当院にご相談ください。...もっと見る

『HbA1c』と『空腹時血糖値』との違いは?

2016.02.17

健康診断にて糖尿病の検査値、HbA1cと空腹時血糖値とは?あなたが糖尿病かどうかわかります!...もっと見る

痛風・高尿酸血症

2016.02.01

高尿酸血症と痛風は男性に多い病気です。痛風になりやすいかどうかは、多少遺伝的素因が関係しています。現在では30歳代でも発症する人が増えています。...もっと見る

インスリン製剤一覧表

2016.01.07

糖尿病学会が監修した「インスリン製剤一覧表」をこちらに掲載いたしました。ぜひ、ご活用ください。疑問点がありましたら、診断時に医師にご相談ください。...もっと見る

血糖値が気になる方への年末年始

2015.12.25

待ちに待ったお正月がやってきましたね。おせち料理に、お餅に、お酒にご馳走がたくさんいただけます。でも、食事指導を受けておられる人にはなかなか誘惑が多くて難しいですね。そこで、気になる注意点をまとめてみましたので参考になさってください。...もっと見る

インフルエンザの季節がやってきました。

2015.09.30

インフルエンザワクチンが2015/16シーズンより4価ワクチンに変わります。ここ最近は、A型のH1N1とH3N2に加えてB型の山形系統とビクトリア系統の混合流行が続いています。...もっと見る

ランチボックスに表記されたカロリーに近いお弁当が作れる、カロリーBENTO

2015.09.10

カロリーBENTOをLOFTで見つけました。ランチボックスに表記されたカロリーに近いお弁当が作れるらしく、400、550、700、850ml(KCAL)の四種類があります。...もっと見る

清涼飲料水と砂糖の関係

2015.07.28

これまで、溶けたアイスクリームを食べたら非常に甘く感じたり、冷やしていたジュースを常温にしたほうが甘さが増したという経験はありませんか?冷たいものを口にすると、口の中が冷えることで甘さに対する味覚が鈍くなると言われてます。...もっと見る

塩分について正しい知識を身につけましょう。

2015.07.14

あなたは自分がどのくらい塩分を取っているか?自分の食べているものは平均よりしょっぱいのか?知りたくないですか? 日本人の国民病である高血圧は塩分が原因の一番です。...もっと見る