糖尿病内科医の集まり


掲載日2017-11-30

11月30日 都内にて 若手で次の世代担うであろう糖尿病内科医が集まった会に出席して参りました。東大、昭和大、順天堂、医科歯科大学など都内の様々な医局出身の若手の先生たちが集まった中、東京大学の糖尿病・代謝内分泌の高梨幹生先生司会で、昭和大学 糖尿病・代謝・内分泌内科の小原信先生と国立がん研究センター中央病院 糖尿病腫瘍科の大橋健先生のご講演を聞きました。

 糖尿病内科医の他の科にはない、武器、特徴は?という問いとその答え、また、共感力について、、、とても勉強になりましたし、こういう講演を聞けた若手の先生がうらやましくも思えました。

その後、高梨先生、小原先生、大橋先生も夜遅くなりましたが最後まで話すことができ、親睦を深めあい、共感力を高めることができました。次回もまた是非出席したいと感じた会でした。写真は最後までいたメンバーでの記念撮影です。